虫歯の原因菌

     口の中には無数の細菌が住んでおり、その中のストレプ
    トコッカスミュータンスレンサ球菌が虫歯の原因菌です。

    その虫歯菌が、食べカスの中の砂糖を栄養にしながら、
    歯の表面にネバネバした物質をつくります。

    この箇所に他のさまざまな細菌が集まってきて、
    増殖していきますが、この状態がプラークと呼びます。

     集まってきた細菌は、糖分から酸を作り出し、
    歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。

    これが虫歯へとつながっていきます。