患部の切削

    一般的な虫歯の場合、患部をを削る処置を行います。

    削ると痛みを感じるのは刺激が
    象牙質の細い管を通って神経に伝わるからです。

    虫歯が浅いうちに治療をするとあまり痛まないですみます。

    進行した虫歯の場合、覆罩(ふくとう)という処置をしますムシ歯の
    深い所は神経に近いため、神経を保護する薬剤をつめるのです。

    この処置は神経に刺激を与えるため、治療後に痛みが残ったり、
    しみたりする場合もありますが徐々におさまってくるはずです。

    治まらずに痛みがひどくなる場合は必ず歯科医師に相談してください。