抜髄

    歯髄(神経)まで進行した、深い虫歯の場合、
    麻酔抜髄という治療を行います。

    これは、麻酔をして虫歯になった部分を取り除いたり、歯髄
    (神経)の治療をやりやすくする為に歯を削るという処置です。

    失活抜髄は、最近ではあまり行われていない治療方法ですが、
    薬剤を貼付し、1〜2日で歯髄(神経)を死滅させます。
    この状態で治療を中断してはいけません。

    根管内がきれいになった後再感染を防ぐため、最終的に根管の
    空洞に薬剤を詰める処置を行います。

    きちんと詰められたかどうかレントゲンで、確認をします。 しばらく
    鈍痛がある場合がありますが、徐々におさまってくるでしょう。

    痛みが徐々にひどくなるようであれば、歯科医師に相談して下さい。