抜髄治療後の補綴

    歯の組織に栄養を送る働きだった神経を取り除くと
    歯はもろくなり、次第に黒ずんできます。

    黒ずみは漂白することができますが、
    大切な歯の神経は元には戻りません。

    できるだけ、虫歯にならないように心がけましょう。
    やむなく虫歯になった時は歯髄(神経)に
    達する前に早期治療を心がけましょう。

    歯冠部の崩壊が大きい場合は土台を作ります。

    メタルコアという方法では、まず型どりをして、
    金属の土台を装着します。

    その他のコアの場合、レジン(プラスチック)や
    セメントなどの土台を入れます。

    一般的にはそのような処置が済んでから欠けている歯冠の
    一部または全部を人工物で補い正常な状態を回復します。