大人の歯列矯正

    すべての歯が永久歯に生え変わった後は、
    歯及び歯周組織や骨組織の状態に大きな個人差が生じます。

    また、歯列矯正の適・不適や、外観上、仕事や社会的立場
    による装置の適・不適もあるので、医師との相談が大切です。

    事前に患者側の、治療法や値段等に
    関する希望をしっかり伝えておきましょう。

    歯並びをよくするのに、歯を削ったり差し歯をする方法もありま
    すが、場合によると時間をかけてでも、歯列矯正で治療するこ
    とをお勧めします。

    歯並び、噛み合わせを治すのに年齢制限はありません。

    治療の装置としては、個々の歯の位置関係を治すマルチブラ
    ケット装置(金属、プラスチック、セラミックといった素材のバリ

    エーションがある)が基本で、不自然に前や横に出てきた奥
    歯を奥に送る装置(ペンデュラム等)もあります。

    ただし同じ装置でも素材の違いによって
    値段も異なるので事前に医師に確認しましょう。

    また、最近では表側でなく、
    歯の裏側に装置も一般的になりました。
    リテーナー装着時は3〜6ヶ月に一度の通院が必要です。

    治療期間は月一回の通院で、
    通常2〜3年と言われていますが、最近では、
    装置の改良により、さらに短期間の治療も可能になっています。