リテーナー装着

    歯が動いて歯並びが整った後は、
    元に戻らないようにリテーナーという保定装置をつけます。

    矯正で移動させた歯は、装置を外すと元に戻ろうとするからです。
    歯が新しい位置に安定するまでは必要です。

    歯並びがきれいになったからといって装置をつけないと、
    後戻りして苦労が台無しになることもあるので注意が必要です。

    リテーナー装着後も、3ヵ月から6ヵ月に1度の割合で通院し、
    歯並びの状態をチェックしてもらうことが大切です。

    また、矯正治療が終わっても半年に1度の定期検診を受けて、
    せっかくきれいになった歯並び、噛み合わせを維持しましょう。