治療開始

    検査や矯正前の処置が終わったら、
    様々な目的の装置を付けます。

    治療内容によって、数種類の装置を、
    時期を分けて装着する場合があります。

    装置を付けた直後は、食事の不便さや、
    ある程度の痛みがあります。

    また、装置を付けることで、歯に食べ物が引っかかりやすくなる
    だけでなく、歯磨きしにくくなるので歯磨きの指導を受けます。

    ここからは、ワイヤーを調節したり、
    装置が正常に装着されているか、

    歯がどのような動きをしているかをチェックするために、
    4週に1度程度通院することになります。

    最近では来院間隔を2〜3カ月としているところもあるようです。