検査

    診断と矯正治療の計画を立てるためには、必ず検査が必要です。
    上と下の歯のバランスや、噛み合わせを見る、
    下アゴの動きを調べるなどの検査が行なわれます。

    治療前のこうした検査は、治療前後の変化の
    記録としても重要になります。

    歯の治療の状況や抜歯の必要性についても調べます。

    検査後に治療方針を決定することになりますが、この時、
    あるいは検査時に治療に対する様々な希望を医師に伝えておき、
    さらにその中での優先順位をつけることが重要です。

    そうしておかないと、治療中に不安や不満を生じる
    原因にもなりかねません。

    治療方針には長所と短所が必ずありますから、
    医師の説明をよく聞き、疑問に思う点があれば、
    その場で解決をしましょう。

    医師にいくつかの治療方針を立ててもらい、その中で自分に
    合うものを選択するのが良いのではないでしょうか。

    方針が決まれば具体的な治療費も決まりますので、
    支払方法や治療費に含まれるもの、
    含まれないものの確認もしておきましょう。