良い歯並び

    良い歯並びとはすなわち、良い噛み合わせのことをいいます。

    良い噛み合わせとは、噛んだ時に上下、
    前後で2〜3mm重なり、中央の歯と歯の境目が

    上下合っていて、前の下の歯以外が上下互いに1本に
    2本が対応している噛み合わせのことをいいます。

    良い歯並びというのは一般的に、歯の並びが重なりや隙間がなく
    、美しいなアーチを描くような形、あるいは半楕円形をしています。

    そして上アゴが下アゴを覆う形に均等に噛み合っていること、前歯
    が前に飛び出ていたり、傾斜していない状態のことをいいます。

    また歯の並びばかりでなく、口元や上あごや下あごを含めた
    顔全体のバランスが良いということもたいへん大事なことです。

    噛み合わせには姿勢や全身状態とも密接な関係があります。

    見た目に良い歯並びでも噛み合わせが悪いと、顎関節症や肩凝り、
    腰痛などの原因にもなることがあるのです。