再生療法

    歯周病はごく初期であれば、歯や歯の周りを
    清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。

    しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊が
    ひどい場合には手術(歯周外科手術)が必要になります。

    この手術の際に、エムドゲインゲルという歯周組織の
    再生を誘導する物質を用いる場合があります。

    エムドゲインゲルの主成分は、子供の頃、
    歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種です。

    ブタの歯胚から抽出精製したもので、歯周外科手術の際に、手術部
    位に塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。

    こうして、初めて歯が生えたときと同じような
    強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促すのです。