歯肉の手術

    歯肉整形術は、歯肉が盛りあがっている
    場合の進行を予防する手術です。

    歯周病の兆候である歯肉の盛りあがりを切りとって、
    食べカスや歯垢が落ちやすいようにするのです。
    比較的簡単な手術で、数分から数十分で終わります。

    歯周ポケット掻爬術は、ポケットの深さが3〜4ミリ前後にと
    どまっている、比較的軽い歯周病の場合に行なわれる手術です。
    麻酔をかけ、歯石や血ウミと一緒に患部の歯肉を削りとります。

    手術後に口内を清潔に保てば、
    歯肉は歯に再付着し、ポケットはなくなります。
    おもに前歯の場合に行われるのが切除新付着術です。

    手術後に歯根が露出するのを防ぐのが目的で、
    歯肉の外側は切除せず、内部のポケットだけを切り取る手術です。

    重度の死守病の場合、フラップ手術が行われます。
    歯肉をはがし、歯石や血ウミとともに炎症部の歯肉を
    切りとったあと、もとどおりに縫合する手術です。