部分的矯正

    歯並びが悪かったり、歯が傾いていたりすると、
    そこに歯垢や歯石がたまりやすくなり、細菌が繁殖して、
    歯周病が悪化する原因となります。

    また、歯周病自体が原因で、
    歯が本来あるべき位置からずれてしまう場合もあります。

    この様な歯に対しては、
    部分的な橋正が行なわれることになります。

    また、奥歯で、歯の根が2本、
    3本と複数になっている場合があります。

    そのため、歯の根の分岐部に細菌が入り、病巣を作ります。

    奥歯の分岐部に病巣がある場合、歯ブラシによる清掃が
    不可能であるために、新たな処置が必要となります。

    下の奥歯の分岐部に病巣がある場合は、
    1本の歯を2本に分割する処置を行ないます。

    同様に、歯の根が3本に分かれている上の奥歯の場合にも、
    根を1本、あるいは2本取り除く処置を行ないます。

    このような処置により、歯ブラシなどでの清掃が
    確実にできるようになり、悪化を防ぐことが可能になります。