補填物除去

    虫歯の治療のため、歯に金属冠がかぶせられることがよくあり
    ますが、これが大きすぎると歯と金属冠の間に、食物のかすが

    入り込んで取れにくくなります。また、金属冠の形が不適切だ
    と、その部分に食物のカスがたまりやすくなります。

    このような不良補綴物の周囲は、
    歯ブラシによる清掃も困難で、細菌が繁殖しやすい状態です。

    こういった原因で、歯肉炎を起こすと、歯肉がいつも赤く腫れた
    状態になり、ブラッシングをすると出血するようになります。

    ですから、不適切な補綴物を除去して口腔内の環境を清潔にする
    ことは、初期治療の処置としてたいへん重要なことなのです。