歯石除去

    歯の表面やポケットの中の歯石の除去をスケーリングといい、
    歯石を取ったあとのざらざらした歯の面を平らにすることを
    ルートプレーニングといいます。

    これらの処置は常に歯周病の治療の基本になります。

    軽度の歯肉炎の場合、一回1時間として二回、
    重度の歯肉炎では四回ほどかかります。

    軽度の歯周病の場合は、約2ヶ月間、
    重度になると3ヶ月から6ヶ月ほどかかる場合もあります。

    歯石除去の後は、歯がしみたり、
    少しグラグラと動きだす場合があります。

    これは、細菌で覆われていた歯から
    歯石を除去した後の一時的な現象です。

    歯が少し動き出しても、歯肉の炎症が改善されるにつれ、
    徐々にもどるので心配はいりません。