抜歯

    歯周病が悪化すると歯と骨が接合している歯根膜まで
    炎症が進み、歯槽骨が崩壊して歯が抜けてしまいます。

    まだ抜けていなくても、再生治療の対象にならないほど
    症状が進行している場合、抜歯が行われます。

    ただし、歯を抜いたからと言って歯周病が治ったという
    わけではなく、抜けた歯の補填や、
    その後の口内ケアを行う必要があります。