歯根膜

    歯根膜は線維が集まってできたような構造をしており、
    硬いものを噛んだ時の衝撃が直接でも顎に伝わらないように、
    クッションの役割をしています。

    また、歯根膜には知覚神経が通っていて、
    歯ざわりや歯ごたえを感じとり、固いものは強く、
    柔らかいものは弱く噛めるようになっています。

    このため、柔らかいものばかりを食べていると、
    強い力で噛む力がおとろえ、やがては柔らかい
    ものしか噛めなくなってしまいます。

    また、歯が1本でも抜けた時に、それをそのまま放置しておくと、
    それに対応する歯には、まったく力が加らなくなるため、
    その歯の歯根膜や骨がおとろえてきます。