治療後の検診

    歯周病は、再発が多い病気と言われています。
    その理由の一つは治療後に定期的な検診を受けないことです。

    治療が終了しても、
    きちんとした管理ができていなければ再発してしまいます。

    歯周病の治療中や治療終了直後は、
    歯周病菌が非常に少なくなっていますし、はじめは、
    ブラッシングも非常に注意をし、指導どおりに行っていても、

    時間とともにだんだんおろそかになって行く場合もあり、
    再び歯周病菌が増殖し再発をおこしてしまうのです。

    歯周病を再発させず、健康な状態を維持して
    いくためには定期的な検診や治療が必要です。

    治療が終了した後は、3〜4ヶ月ごとの
    定期検診の受診をお勧めします。