ブラッシング

    歯磨きは、かかりつけの医師の指導に従って行います。

    基本的には歯に45度の角度になるようにブラシを当てて、
    歯と歯肉の間に毛先を集中させます。

    一番奥の臼歯の後ろ側から磨き始めるのがよいでしょう。
    次に外側を、毛先がほとんど動かないほどの
    細かいストロークで震動を与えるようにして磨きます。

    歯ブラシを柔らかいタッチで軽く持つのがコツです。

    その方法で10秒ほど磨いたら、1歯分歯ブラシを移動させて当て、
    毛先が歯と歯肉の間に入っているのを確認した上で
    毛先を動かさず歯ブラシの頭を小さく震動させます。

    下あごの内側も一番奥の臼歯から磨き始めます。
    この部位は最も磨きにくく磨き残しやすいので、
    常に歯肉に毛先が当たっていることを意識しましょう。

    下あごの臼歯の内側は、舌が邪魔するため磨き残しやすいです。
    舌の下に歯ブラシを入れるようにするとよいでしょう 。