噛みあわせ

    歯は上下で28本、親知らずを入れると32本あります。

    噛む力は、歯の根の太さや生える方向、
    歯の形によって違ってきます。歯の噛み合わせが悪いと、

    まず、骨や歯根膜や歯の根のまわりにあるセメント質が破壊され、
    歯周病の原因となる細菌が侵入しやすくなります。

    それが骨、歯根膜、セメント質の破壊を促進させ、
    ついには歯周病となって、歯もグラグラと動きだします。

    それがさらに歯の噛み合わせの不調和を
    ひどくさせるという悪循環になります。

    こうしたことが重なることによって歯周病は進行していきます。

    噛み合わせが不調和な時には、特にひどい1、2本を調整して、
    全部の歯で助け合うようにして全体を調整していきます。

    1本の歯でも抜けてしまったり、
    ぐらついたりすると、噛むことが不自由になります。

    特に歯周病になって、多くの歯が動いている状態では、
    歯を支えている組織が破壊され、力が入らなくなる等の
    理由で噛み方は非常に変則的になります。

    こういったことが長く続くと骨や歯根膜、
    筋肉までもが衰えてきます。

    また、顔に張りがなくなってきたり、
    脳の老化といった悪影響もおこるのです。