歯周病とホルモン

    ホルモンの中でも特に性ホルモンは、
    歯周病と深い関連があります。

    思春期や妊娠期、閉経期といった性ホルモンが不安定な
    時期に、歯肉炎や歯周病が起こることがよくあります。

    とくに、避妊薬をつねに服用している人の場合、
    歯垢や歯石があるだけで気づかぬうちに歯肉や
    骨が破壊されていることがあります。