歯周病とストレス

    精神的ストレスによって、
    人は無意識に歯を強く噛んだり、歯ぎしりをしたりします。

    長時間、歯を噛み合わせていたり、急激に強く噛んだりすると、
    歯のまわりの歯肉とか骨とか粘膜に大きな負担をかけ、
    歯周病の発生、進行を助長させることになります。

    また、ストレスによって、毛細血管の機能をつかさどっている
    自律神経に失調を起こすと、毛細血管の機能に異常が起こって
    歯周病に感染しやすくなります。

    さらに免疫機能の低下も感染症の引き金となる場合があります。