歯周病とビタミン

    ビタミンは、生体の正常な発育や健康を
    維持するために不可欠な物質です。

    中でも、ビタミンAが欠乏すると、口の中の粘膜が
    非常に固くなって、口の中が乾きやすくなります。

    一方、ビタミンAが多くなると、
    口の中の上皮の表面が薄くなってきます。

    ビタミンB12が欠乏しますと貧血を起こし、
    ビタミンCとKが欠乏しますと出血しやすくなり、
    いったん出血すると止まらないといったことが起こります。

    ビタミンCは喫煙によって非常に消耗されます。

    こうしたことから、ビタミンの欠乏は、糖尿病と同じように、
    細菌の感染が起こりやすい状態をつくるため、
    歯周病の進行も早めることになります