歯周病と糖尿病

    歯周病と一番関係が深い病気は糖尿病です。

    糖尿病の患者の多くが歯周病にかかっています。
    糖尿病が歯周病の進行を早めるのです。

    糖尿病というのは、血中の糖の代謝にかかわるインシュリン
    というホルモンが不足することから起きる病気です。

    インシュリンが不足すると、体の中の糖を吸収する力が弱まる
    ため、糖は血液の中に入り、尿に混ざって排泄されてしまいます。
    これが糖尿病という病気です。

    糖尿病になると、人間の体の組織のもつ抵抗力が衰えて、
    細菌が繁殖しやすくなり、歯肉にも炎症が起こりやすくなります。

    糖尿病が歯周病と関係が深いといっても、それは直接的な
    原因ではなく、歯周病を悪化させる要因ということです。