咀嚼の重要性

    最近食事の軟らかさによる咀嚼不足が問題になっています。

    成長期の子供が咀嚼不足になると、顎骨の発育が悪くなり、
    歯列不正の大きな原因となります。

    食物の摂取は乳幼児期の授乳から始まり、
    離乳の段階を経てほぼ完成されます。

    しかしその後も成長に応じて正しい
    咀嚼習慣を身に付けることが大切です。

    良く噛むことにより、唾液の分泌が促進され、
    消化作用、自浄作用、味覚の発達などが向上されます。

    また良く噛むことは、虫歯の予防に効果的なだけではなく、
    咀嚼筋や表情筋の発育や情緒の安定にもつながり、
    心身の総合的な発育に大きな役割を果たします。

    噛むことの重要性をよく理解し、
    子供や高齢者であっても献立を工夫し、
    良く噛んで食べる事を習慣化させることを心がけましょう。