シーラントによる予防

    歯の溝は、細菌や食物残渣がたまりやすく、
    虫歯はここから始まることが多いのです。

    そこで、この溝を合成樹脂でふさぐシーラント
    (小窩裂溝填塞)と言う処置が考えられました。

    一部は保険が適用されますので、
    かかりつけの歯医者医師に相談することをおすすめします。

    ここ10年間は、児童の虫歯の処置完了歯が
    増え、未処置歯が減少しています。

    一方、日本における児童の虫歯保有率(DMFT指数)は、
    先進国の中でいまだに高いレベルにあります。

    これほど虫歯が多い原因は、歯科健診による処置率の向上のみを重視し、
    フッ素塗布・シーラント・ブラッシング指導などの予防対策を
    怠ってきた為と思われます。

    さらに積極的な予防を心がけましょう。