フッ素塗布による予防

    フッ素には歯を丈夫にする働きがあります。エナメル質には
    ハイドロキシアパタイトという無機質結晶が存在しますが、

    虫歯にかかると細菌の産生する酸により、
    このハイドキシアパタイトが溶解されます。

    しかし、フッ素を応用するとハイドロキシアパタイトが、
    耐酸性のフルオロアパタイトに変化します。
    この結果、歯質が強化され虫歯にかかりにくくなるのです。

    生えて間もない歯は、
    歯質が未熟なため虫歯にかかりやすい傾向にあります。

    しかし、この時期の歯質は反応性が高く、
    フッ素を取り込みやすく、エナメル質の耐酸性を高めます。

    従って、歯の生える時期に合わせて、
    フッ素を塗布することにより、虫歯予防が期待できます。

    つまりフッ素塗布は、生えた直後の歯に行うことで
    最も効果的な虫歯予防が期待できるのです。

    子供の頃から計画的なフッ素塗布を行うことをおすすめします。