歯周病による歯の動き

    歯が動く原因は、骨が溶けると同時に、歯を支えている
    クッションの役目をしている歯根膜が溶けるためです。

    この場合、歯の根についている歯根膜の面積によって、
    歯の動きが早くでるか遅くでるかが決まってきます。

    また、歯の根の太さや、数によっても違ってきます。

    たとえば、どんなに骨が溶けて歯根膜が少なくなっても、
    上の大きな歯である第一大臼歯のように大きな根が3本<とも
    しっかりしていれば、そう簡単には動くものではありません。

    だからといって症状が軽いというわけではありません。

    自分で歯が動くのを感じるようであれば、
    かなりの骨が溶けて、歯根膜も減少しており、
    重症の歯周病であることを示しています。

    歯の動きは、左右だけに動く場合と、
    前後に動く場合と、さまざまです。

    上下に動くのが感じられる場合、かなりの重症です。