う触第2度(C2)

    この時期には、う食は象牙質の部分をかなり侵しています。

    甘いものを食べるとしみたり、
    時に痛みを覚えることがあるなどといった自覚症状が現れますが、

    この時期にきちんとした治療を受ければ、
    歯髄を抜かずにすみ、また、治療時の痛みも軽くすみます。

    ぜひこの時期までに治療を済ませましょう。