進行期の症状

    歯周病が進行すると、最初は歯肉だけに起きていた炎症が
    さらに進行し、歯の根の方に侵入していきます。

    骨と歯根膜を溶かしながら細菌が侵入してくると、
    歯肉などの炎症を起こした組織が歯の根と離れていきます。

    歯肉の組織がおかされてしまうために、
    歯の根に接着していることができなくなるためです。

    歯周炎の原因となる細菌は、中のほうで繁殖して
    歯の根の方へと進むという性質をもっているため、
    次第に歯根膜や骨、さらには、歯根を溶かして行きます。

    このくりかえしが歯周病を悪化させ、最終的には、
    歯の根のまわりの骨をほとんど溶かしてしまうため、
    歯はそこにとどまることができずに抜け落ちることになります。