口臭と疾患

    口臭の原因のほとんどは歯石の沈着に伴う、
    歯肉の炎症によるものです。

    炎症の発生に伴い膿が出て、臭うのです。

    ただし、例えば鼻息だけでも離れている人に
    臭いと言われるほどの口臭がある場合、原因は
    胃などの消化器系の疾患が考えられます。

    消化器系の疾患としては、胃潰瘍・悪性疾患。

    また、口腔内の炎症であるにせよ、白血病やエイズなどの重度の
    疾患による免疫の低下に伴う歯肉の炎症なども可能性があります。

    歯科医で徹底的な治療やケアを行っても強い口臭が
    ある場合、内科的な診断を受けることをおすすめします。