計画的インプラント

    インプラントは、たとえ同じ材料や道具を使ったとしても、
    正確にいうと、治療内容や結果が微妙に違います。

    ただし、基本的に重要な治療内容については、
    必ず実行しなければならない部分があります。
    そうすれば大きな違いは出ないはずです。

    まず、診断と相談の段階で、術者と治療を受ける側の治療目標
    や期待度を、十分に話し合い納得してから実行するという、
    段取りを取ることが大切です。

    計画段階で、治療の目標や、
    成功の判断基準を設定して計画を立て、失敗の危険度を予測し、
    危険回避の対策をたてることも必要です。

    また、準備段階では、医師ときちんと話し合い、
    治療後のケアなどの面も含めて充分な知識を得ておきましょう。