インプラントの種類

    大きく分けて、骨は削らずに骨の表面だけを利用した
    骨膜下法と、骨の中に穴を削って入れる骨内法があります。

    骨内法にはインプラントの形により、
    平らで薄く広いブレード型、円筒形のシリンダー型、

    円筒形の中や周囲に穴の開いている中空シリンダー型、円筒形
    の外側がネジのようになっているスクリュー型があります。

    また特殊な物として天然の歯の根を通して
    骨まで串刺しにする歯内骨内法とか、
    粘膜に通すだけのボタンインプラントなどもありました。

    インプラントにも、針金の様に細く長い物や、スクリュー型にも
    長さや太さやネジの設計の様々に異なる物など
    世界で60種類くらいあるといわれています。

    現代の主流は、治療方法としては骨内法で、
    インプラントの種類は純チタンの表面を微細に加工して
    ネジを切った円筒形の形をした製品です。

    それぞれに特徴がありますので、
    歯科医と相談の上適切に選択しましょう。