インプラントの維持

    せっかくのインプラントが後にだめになる
    最も大きな原因は歯周病です。

    また、年とともに口全体の噛み合わせなどが変わって、無理な力
    がかかり始め、気がつかないうちに壊れてしまうこともあります。

    もちろん正しい歯磨きは不可欠ですが、従来の歯磨き法で
    歯を失ってしまったのですから、治療後からは、徹底的な
    歯周病の予防と定期的なチェックを受けましょう。

    異常に気がついてからでは手遅れになります。

    うまくいっている時に悪くしないための予防診療を定期的に
    受ける方法が、長期的に見て一番効果の上がるアフターケアです。

    せっかくの時間と費用をかけた
    インプラントを長持ちさせるためにも、
    歯科医の指導によるケアを続けましょう。