インプラント治療の適否

    インプラント治療は、
    通院や普通の歯科治療が可能な方なら受けることができます。

    ただし、進行した糖尿病といった全身的な病気を持っているな
    どの場合、事前に十分な検査が必要です。

    治療に適している状態
    手術部の骨に異常がなく、周りの歯の歯根に感染症がないこと。
    インプラント埋入手術の診査により手術が可能とみなされれば、
    治療に適しているといえます。

    高血圧や糖尿病といった既往症があっても、上手にコントロール
    されていれば、インプラント治療は可能です。また高齢者の方で
    も全身疾患がなければ治療可能です。

    治療に適さない状態
    顎の骨の量が少なくフィクスチャーの埋入が不可能な場合、
    インプラント治療ができません。また、医師との協調が得られない
    ような精神的に問題のある方、アルコール依存症の方は、
    難しいでしょう。

    さらに、チタンに対する金属アレルギーがある場合も適しません。