インプラントの特徴

    インプラントは、非常に丈夫で軽量であり、
    骨の組織とよく結合する純チタンを用いて行われます。

    インプラント治療では、チタン製の人工歯根をあごに埋入しますが、
    このチタン製の歯根は徐々に骨に固着し、生まれながらに持って
    いる歯根と同じ様に歯冠をしっかりと支えます。

    天然歯根に支えられている歯冠は、歯の機能的な部分です。

    歯冠の外側の層はエナメル質という身体の中でも最も固い組織
    から成っています、人工歯冠は歯茎の中にある人工歯根にしっ
    かりと固定され、その形と色は周囲の歯と同様に作られます。

    結果的に、抜けた歯の周囲の骨の喪失が抑えられ、
    また回復してくることもあります。

    抜けた歯の外観と機能を同時に補うことが
    インプラント治療の特徴といえるでしょう。