治療途中の処置

    インプラント治療の途中、最終的に歯が入るまでに、
    必要であれば仮歯を作ることができます。

    例えば食事が噛めない、見た目が抜けたままでは困る、ある
    程度自由に話ができないと困る、などの場合は必要となります。

    形式はいろいろあります。取り外し式の入れ歯、隣の歯に接着
    する簡単なブリッジ、もともとブリッジが入っていた場合は仮の
    ブリッジ、などです。

    あらかじめ仮歯を準備してから、治療を始める場合と、
    その場ですぐに作ってしまう場合があり、また、また、

    最近ではインプラントをしたその日に、インプラントに
    支えられた仮のさし歯をつける医院もあります。

    この場合、入れ歯を使わなくて済みますし、
    隣の歯に負担をかける心配もありません。

    本人の状態にもよりますので
    歯科医と良く相談の上方法を決定しましょう。