インプラント治療とは

    インプラント治療とは、インプラントと呼ばれる人工的な歯の根、
    つまり人工歯根を顎に埋めて、その上にさし歯のように従来の
    方法で歯の形を作る治療方法です。

    従来法とでは、根が顎にしっかり
    植わっているという決定的な違いがあります。

    歯周病や虫歯などが理由で歯を失った場合、
    インプラントを数本埋入し、修復する方法が最適です。

    ブリッジや部分入れ歯のように、
    周りの健康な歯に支えてもらう必要はありません。

    このインプラント治療は、もともとは歯が一本も無い方の
    ための効果的治療法として採用されました。

    総入れ歯は短期的には良い解決方法かも知れませんが、
    長期的に考えると、支柱の働きをしていた歯の根を失ったことで

    顎の骨が次第に縮み、最初は合っていた入れ歯も次第に緩んで
    使い心地が悪くなっていきます。

    また、骨を失うことにより、顔の形に影響してくる場合もあります。

    インプラントの場合、顎の骨と一体化するので、
    骨を丈夫にし、義歯をしっかり支えることが可能です。