歯を失った影響

    歯を失った場合、前歯などでは外観が気になり
    自然に微笑むことができなくなったりします。

    また、食べたいものが噛めなくなるかもしれません。

    歯や口がいつも気になり、
    残っている歯まで不快に感じることもあります。

    また、筋肉痛になったり、はっきりしゃべれなくなったり、
    頭痛に悩まされることもあります。

    歯を失ったことで生じる影響は人によりさまざまであり、
    具体的に歯のどの部分を失ったかによっても異なってきます。

    歯冠だけを失った場合には歯の見える部分をなくしたことになり
    ますが、歯根も失ってしまった場合には歯の見えない部分もなく
    したことになります。

    歯根は歯を顎骨に固定し、歯冠をしっかりと支えている部分です。

    歯根がなくなると、抜けた歯の周りの骨は徐々にやせ細り、
    残った健康な歯が移動してきて、
    やがて噛めなくなる恐れもでてきます。

    噛むことは肉体のみならず精神活動にも好影響を与える行為です
    から、噛めないということは、いずれ全身に悪影響を及ぼすことに
    なるのです。