高齢者と歯

    残っている歯が少ない高齢者ほど、
    記憶をつかさどる大脳の海馬付近の容積が減少していることを、

    東北大大学院の渡辺誠.歯学研究科長らの
    グループが突き止めました。

    また、アルツハイマー病になると海馬が萎縮することが
    知られており、ぽけ予防には、自分の歯の数を保つこと
    が大切だであることがわかります。

    痴呆の疑いのある人とない人を比べると、
    歯の数が多い人ほど痴呆の割合が少なく、
    歯と痴呆との関連が示唆されています。

    また、歯が少ない人ほど、海馬付近の容積が減少しており、
    意志や思考など高次の脳機能に関連する前頭葉などの
    容積も減っていることがわかっています。