妊娠と歯科治療

    本来、妊娠前に歯の治療を済ませることが基本ですが、
    妊娠中でも歯の治療が必要となる場合はあるものです。

    歯科医と産婦人科医との申し合わせでは、
    妊娠8カ月頃までの安定期には積極的に
    保存治療はした方が良いとされています。

    その理由として、カリエスには自然治癒が無く
    早めの治療が望ましいこと、胎児に対する影響が

    ほとんど考えられないこと、出産が終わっても今度は
    育児に追われ治療する暇がないなどが挙げられています。

    ただし、意思から説明を受けてもなお、
    服薬や麻酔、X線など歯科治療に対する不安が
    大きい人は治療を止めた方が良いでしょう。

    不安から来るストレスがかえって胎児に
    何らかの影響を及ぼすかも知れないからです。