処方薬

    歯科でも、抜歯などといった、処置後にも痛みが伴う治療を
    行った場合、通常鎮痛剤や抗生物質が処方されます。

    鎮痛剤そのものの効果としては、
    市販の薬と大差はありませんが、

    痛みの原因が局所的な炎症である場合には、
    炎症を抑える効果の高い消炎鎮痛剤が
    処方される場合もあります。

    持病があって、別の医師に薬を処方されている
    場合や妊娠中の人、また、アレルギーのある人は、

    必ず歯科医にそのことを報告して
    診療を受けるようにしてください。