抜歯後の処置(ブリッジ)

    支台装置と欠損部を補う人工歯を連結したもので、
    橋のような形をしていることからブリッジといいます。

    ブリッジは支台歯に接着剤で固定されるため
    取り外しはできませんが、義歯(入れ歯)に比べて、
    違和感は少ないでしょう。

    ただし、支台になる歯を
    削らなければならないという欠点もあります。

    咬む時にブリッジに加わる力は
    ほとんど支台歯にかかるため、欠損歯の数が多く、
    支台歯の負担能力を超える場合はブリッジは不適応です。