歯冠

    全部鋳造冠(FCK)とは、
    よく「歯をかぶせた」と表現される金属の冠です。

    型に合わせて鑞で形を作り、
    金属を流し込み手作りで仕上げます。

    壊れることはほとんどありませんが、
    はずれてしまうことがあります。

    単独に被せた(単冠)場合、脱落直後であれば調整無しで再び
    装着が可能ですので出来るだけ早期にはずれた冠を持参して
    歯科医院に行きましょう。

    隣の歯と連結した冠(連結冠)の場合はブリッジと同様、
    いずれか先に脱離した歯にムシ歯が発生し新たな治療
    の必要な場合も多く見受けられます。

    また、歯が持ち上がる様な気がするとか、歯肉が腫れたなどの
    症状がある時は早期の診察をおすすめします。

    冠を被せたからもう安心と思ってしまうことも多い用ですが、
    被せた冠と歯との間には隙間があります。

    その隙間や段差から虫歯にもなりますし、天然歯以上に
    汚れが貯留し易く歯肉炎を起こしやすい状況になっています。

    従って歯をかぶせたといってもそれまで以上のケアや
    定期健診を怠ってはいけません。