補綴

    虫歯の治療のために歯を削った場合、
    穴には金属などを詰めて保護することが必要です。

    外から見える部分の場合と奥歯の場合で、
    外観を考慮して異なる材質が用いられる場合もあります。

    いずれにせよ、半永久的に手入れが不要というわけではなく、
    はずれることなどもありえるのです。

    また、歯周病などにかかることで、
    せっかく治療した歯に影響が及ぶこともあります。

    白い歯をかぶせた場合も基本的には根管治療と歯周疾患コント
    ロールに大きく左右されますので、持ちは銀歯と全く同じです。

    保険内の治療ですと、前に見える部分だけを
    残して後ろを銀歯にする4/5冠という方法も
    考えられますが脱離や破折の可能性もあります。

    また、銀を詰める(アマルガム)という良くある治療も、
    接着性や水銀流失の問題が指摘されることもあり、

    銀の代わりに接着性のあるコンポジットレジン
    (歯と同色のプラスチック)を詰める方法もあります。