唾石とは

    唾石の成分は、リン酸カルシウムや炭酸カルシウムなどで、
    内部を見ると年輪状になっています。

    唾液腺にカルシウムが沈殿したり、死んだ細菌の塊や、
    唾液が通る管の上皮がはがれたものなどの、
    何か小さな異物が核になって唾石ができることがわかります。

    大きさは多くが数oです。

    唾石症は、唾液分泌量が多いことと、粘り気の高い
    ネバネバした唾液を分泌することから、

    顎下腺での発生が最も多く、
    少ないながら耳下腺の場合もありますが、
    そのほかの唾液腺ではあまり見られません。

    患者はほとんどが成人ですが、これは、
    こどもの場合唾液分泌量が多いので、
    たとえ唾石が作られ始めても、
    自然に排出されている可能性が高いからです。