補助的な清掃用具

    歯ブラシの他にも、取りにくい部分の
    歯垢を取るための器具があります。

    代表的なものが歯間ブラシとデンタルフロスで、
    どちらも市販されています。

    歯間ブラシは細い針金に、ごく細かい毛を植え込んであり、歯ブラ
    シでは磨きにくい歯と歯の間の歯垢をとりのぞくために使います。

    個人差のある歯間のすき間に合ったブラシを選びましょう。

    歯列に沿って直角になるように、歯肉を傷つけないように
    ゆっくりと挿入し、歯間をまんべんなく磨きます。

    デンタルフロスは丈夫な糸で、やはり歯の間の歯垢や
    食べかすを取り除きます。

    上の歯は親指と人差し指でフロスを持ち
    、ノコギリを引く要領でゆっくり差し込み、
    歯面に押し当てて数回上下させます。

    下の歯は両手の人差し指で持ち、
    同じ動きで歯垢を落とします。

    他にも種類がありますが、かかりつけ医に
    進められたタイプを指導に従って上手に使ってください。