歯ブラシの選び方

    歯ブラシは年齢や用途に応じて選びます。 

      年齢別には、乳児用歯ブラシ・幼児用歯ブラシ・
    学童用歯ブラシ・成人用歯ブラシなどがあります。

    用途別にも、義歯用歯ブラシ・矯正治療用歯ブラシ・
    インプラント用歯ブラシなどがあります。

    また、歯ブラシだけで充分な効果が期待できない時は、デンタ
    ルフロスや歯間ブラシなどの補助清掃用具も併用しましょう。

    また、刷毛は乾燥しやすく、
    適当な強度と弾性を持ったものが良いでしょう。 

      毛のかたさは、かたい・ふつう・やわらかいの
    3種類がありますが、やや硬めのものをおすすめします。

    しかし、歯ぐきが腫れている時などは、
    傷を付けないように軟らかめのものが良いでしょう。

    一般に、刷毛の脇腹を使うブラッシング法
    (ローリング法・スティルマン法・チャーターズ法)では、
    毛の長さは10〜12mmのものを使用します。

    最近は毛先を使うブラッシング法(横みがき法・縦みがき法・
    スクラッピング法・フォーンズ法・バス法)が重視されており、
    毛の長さも10mm以下と短くなっています。

    ブラシ部の大きさは、
    人差し指と中指の二本を合わせたぐらいの
    長さが良いとされています。

    長すぎると、細かいところに届きません。
    通常は平坦型(ストレート)が良いでしょう。

    これ以外に凹湾型、凸湾型、山切り型などもあります。

    お口の状態に合わせて、
    最もブラッシング効果の高いもの選びましょう。

    かかりつけ医に自分に合った歯ブラシを
    教わることもおすすめです。