汚れやすい場所

    歯の中でも、特に汚れやすい場所を知ることで、
    そこを磨き残さないような注意が可能になります。

    特に磨き残しが多いのは、歯と歯の間です。

    食物がつまり易く取れにくいため、歯ブラシで除去できない
    場合は、フロスなどの補助清掃具を併用して下さい。
    歯と歯ぐきの間も磨き残しが多い部分です。

    また、歯周病や歯みがきの力が強い場合、
    歯肉の退縮が起こり象牙質が露出します。

    最初は、知覚過敏が起き、
    冷たいものやブラッシング時にしみたりします。

    臼歯の咬み合わせの溝は、
    食物残渣が停滞しやすい場所です。

    ですから子供の虫歯予防はこの咬合面の
    シーラント(予防填塞)が有効なのです。