奥歯の裏の磨き方

    奥歯の裏側は、表側と同じように、
    毛先全体を歯面に対して直角にあて、
    前後の往復運動でみがきます。

    つけね部分(歯頚部)も同様に、
    毛先のわきを45度の角度で歯頚部に合わせ、
    前後に小刻みな加圧振動を加えます。

    歯の裏側(舌側、口蓋側)のつけねは、
    舌の自浄作用により表側(唇側)と比較すると、
    虫歯にかかりにいく傾向にあります。

    奥歯のかみ合わせ部分(咬合面)は、
    毛先全体を咬み合わせ面(咬合面)に直角にあて、
    前後の往復運動でみがきます。

    単純な動作ですが、咬み合わせ面の溝も虫歯の
    好発部位です。油断せずにしっかりみがきましょう。