前歯の裏の磨き方

    前歯の裏側、すなわち舌側は、
    上顎も下顎も湾曲して狭く、ブラシを入れにくい場所です。

    歯ブラシを横に入れるのが無理な時は、歯ブラシを縦にあて、
    毛先全体を歯面に沿って前後運動させてみがきます。

       歯のつけね部分(歯頚部)は、毛先のつま先を使って、
    小刻みな振動運動をさせながらブラッシングします。

    まとめてではなく、1〜2本ずつみがいて下さい。